江東区の心療内科/精神科【浅川クリニック】菊川・森下駅最寄り。うつ病,パニック障害

江東区、精神科、心療内科

院長コラム

  • 診療メニュー
  • うつ病
  • パニック障害
  • 不眠症
  • 更年期障害
  • 自律神経失調症
  • もの忘れ外来
  • 発達障害
  • リワークデイケア
  • 一年を通じての病気について
  • 院長コラム
  • メディア情報
浅川クリニック

スマートフォン族の病気⑥

自分でできる眼のケアー

会社で、良い場所で安全な場所といったら、自分の椅子だと思う。そこで五分間ぐらい仮眠することである。

主婦でもインターネット、パソコン等の機器画面で仕事をしている人、男性でも個人的に自宅で仕事をしている人達が増えている。
インターネット、パソコン等機械を使う人達の自宅でのケアーをお教えする。

スマートフォン族の病気

①温かいタオルを5分間目の上に

②もう一度5分間のせる

 

タオルはサランラップにつつむようにポリ袋に入れて、直接顔にふれないようにする。

Ⓐ眼の上を温める

昼休みに弁当を30分でたべてしまう。残りの時間を有効に使おう。

  • 朝、タオルとサランラップまたは買物でもらったポリ袋をもっていく。
  • 温めたタオルをポリ袋に入れて、眼の上にのせる。
  • 椅子によりかかって上を向いて五分間、もう一度温め直して五分間。
 
スマートフォン族の病気

①足踏み竹をウエストの下に1分間

②少し上に1分間

③脇の下に置いてまた1分間

 

一回約15分間
昼と夜で30分間

Ⓑ足踏み竹で

最初は痛みを感じる所がでる。

  • 一分間なので頑張って、足踏み竹をずらしていく。痛みが、気持ちいい痛みに変わる。
  • 脊髄の両サイドの交感神経と副交感神経が足踏み竹と自分の体重で圧迫され血行が良くなる。そして自律神経の乱れをカバーできる。

眼のケアーするのになぜ背中なんだと思われるでしょうが、眼に影響を及ぼしているのが、血行を良くするポイントで、脊髄の両サイドの交感神経と副交感神経である。それを正常に働かせることが大切なのだ。

 
スマートフォン族の病気

①耳のうしろの頭蓋骨の先端に親指を入れている。
一回に2秒ずつくり返し、1分間親指で押す。

②1分間休んでまた1分間押す。

Ⓒ指で押す

自律神経が乱れている日は、眼がかすみやすく、頭もスッキリしないで「ボゥ~」とした感じになる。

  • 頭蓋骨の先端に親指を入れ、親指で押す。
  • 一分間押して、少し休んで、また一分間押す。
    強く押さないで、痛みを感じる所で指をやや強く押す。
  • 眼と頭痛は効果が表れる。
  • ブルーライト防止メガネも使おう。
 

機器類を毎日使う人は、昼休みや、寝る前にケアーをしよう。
使いっぱなしの眼や脳は、やがて複合症状を出してくる。
例えば、「眼の奥が重く痛く感じる」複合症状は、次に耳鳴りを同時に引き起こしやすくなる。
独身者が多い現代、頼るのは自分自身の健康である。
日常での眼や体の疲労ケアーが欠かせない時代に入っている。

浅川クリニック
浅川クリニック
浅川クリニック
pagetop